読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哭声(コクソン)観てきました

いつ頃からだか定かではないが、Twitterに謎の國村準画像が回ってくるようになり、なんかヤバい映画が韓国からくるぞ!と喧伝されていた。観るまではそんな印象。(主に加藤よしき、人間食べ食べカエルあたりの界隈から)

 

映画館は想像より混雑しており(といっても公開館が結構限られているので仕方ないけど)早めにいってよかったなと。加藤よしき氏(@DAITOTETSUGEN)が先週くらいに観てレビューを上げていたから読もうと思ったけど、基本「まずは観てほしい」っていうスタンスなので、じゃあ観てから読まないとな、ってのと、若干いまいちなのかなぁと思っていた。

 

作品自体、國村準の画像群からは想像できないほどしっかり作りこまれていて、荒唐無稽感は無くよくできていると思いました。

ただ、万人に勧められるかっていうとそういうわけじゃないので気になる人はやっぱり「まずは観てほしい」という気持ちですね。

 

少し、といってもネットに転がってるレベルのあらすじを言うと、とある韓国の村で結構マジ半端ない連続不審死および殺人事件が発生し、その原因を突き止めるべく主人公の警察官が頑張る。基本は「悪霊」の存在が背景にあるのでオカルトサイコスリラー調の話です。そういうのに興味がある、かつ國村準のショット群にそれなりに心惹かれるという人は観たほうがいいんじゃないかな!

 

 

 

以下はネタバレ含みます。できれば観てからがいいけど、多分観ないって人なら読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見終わった後はなんというか確かにどう語るべきか難しいなと。多分テーマとしては「あるモノがどう見えるかはそれを見る人間の見方、信念、思い込みに依るんだ」ってのはあるとは思ったんだけど、それだけを声高に言うためにこんな変な(いい意味で)作らないよなと。

 

オカルトサイコスリラーなので引っ張る力は強くて、どんどんみんな気が狂っていくのは引き込まれる。

 

特に娘の演技が結構すげえなってあとから思い返してた。普通に子役なので多分、小学校高学年かもしくはそれ以下くらいだと思ってるんだけど、憑りつかれてる演技がすごかったよ。

 

エクソシストとかその手のオカルトものって、確かに少女に憑りつくんだけど演出でめっちゃ野太い悪魔の声になるじゃないですか。あと、完全にカラコン的な感じでイカれた目になったり。

そうじゃなくて、子供の声のまま、この世を呪うような目つきで「死ね!このクソ野郎!」とか言うし絶叫するしこれほんとにこの子一人で演技してんのかな…と思うくらいでした。

 

やっぱ韓国映画のスリラーは独特の雰囲気があっていいなぁと。

土砂降りの雨のシーンが結構多くて、音も迫力あるなと観てたんだけど、パンフレットみたら全部リアル雨の日に撮影しているし、光も自然光のみなんだって。すごいですね。

 

それなりに笑いどころもあって(雷に打たれて本当に死ぬなんて!とか)劇場全体でも笑いが起こるのはいいよな。タノシイ。

 

パンフレットとか、ほかのブログとかだと家族愛的なものへのフィーチャーが多いんだけど、それよりもなんだろうこの終わり方は・・・・的な気持ちが強くてあんまりそっちの感想はなかったすね。

 

パンフレット読んでるとなるほどなーと思うんですけど。

こういう「どういったらいいんだろう…」的な映画の後のパンフレットはありがたいけど、自分の感想がパンフレットに書いてる通りに上書きされちゃうことが結構あるのでなるべく上書き前のものは残したいと思って今書いてる。

 

総じて結構もやっとするけど、絵のインパクトは強いのでなんかあったらまた見返したいなと思いました。

 

関係ないけど、キーボードがうちにくいので今度買おう。